交通事故に遭遇したら、必ず病院へ!【武蔵小金井駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

交通事故で多い怪我のひとつに『むちうち症』があります。これは頚椎捻挫とも言われ、捻挫の一種になります。治療においては他の捻挫と同様に炎症を起こして腫れた筋肉を冷やします。また同時に、鎮痛剤を併用しながら自然に治癒していくのを待ちます。頚椎カラーという固定具を首に巻き、筋肉に負担をかけないよう安静に保ちます。

むち打ち症だけでなく、交通事故においての怪我は後々症状が悪化していく場合が有り得ます。目立った外傷などが見られずとも身体は強い衝撃を受けていますので、筋肉や神経を損傷している可能性があります。例え軽い事故であっても、交通事故後は必ずMRIやレントゲンなどの設備が整っている病院で診察を受けるようにしましょう。
また、保険請求の際、交通事故では即座に病院へ行っていないと保険の支払いが成されないこともあります。注意しましょう。

交通事故での負傷は、治療完了後にも痛みや痺れ、眩暈等の症状が残ってしまう方もいらっしゃいます。これは筋肉や神経に何かしらの異常が残存しているものと考えられます。しかし、現代の医学でも人体の仕組みが全て解明されたわけではなく、原因が不明である場合があります。
武蔵小金井駅前整骨院では、交通事故治療を行っております。中央線「武蔵小金井駅」から徒歩1分ですので、気軽にお立ち寄りいただけます。骨盤矯正など、身体のバランスを整える施術もございます。交通事故後の検査で異常なしと診断されたにも関わらず、つらい症状や痛みにお悩みの場合にもおすすめです。
施術前に問診を行い、お悩みやお身体の状況をお聞きしてから一人一人に合った適切な施術を行っていきます。初めての方でもご安心ください。お待ちしております。