早期治療で後遺症予防!交通事故後の関節痛は当院までご相談を!【武蔵小金井駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

交通事故に遭った後、身体の痛みに悩まされる場合が少なくありません。
骨折や裂傷といった目に見える傷であれば、その日の内に治療が開始されます。悩みの種になるのは、事故遭遇後数日経過してから出てくる関節痛や身体の歪みです。
交通事故後発現する痛みは、事故に遭ったその日中に現れない事も珍しくありません。その場で問題が無かったからと油断するのは危険です。事故後の警察への対応などが億劫になり、加害者側の連絡先も聞かずその場から去るようなことは最大のタブーです。
急いでいる時であっても、最低相手側の連絡先は必ずメモしておきましょう。後日身体に痛みが出てきた場合どうするのかも、その際に話し合っておくとより安心です。

交通事故に遭った後、現れやすい症状の一つに関節の痛みがあります。症状が現れたら、まずは整形外科を受診してください。早期であればあるほど良いので、例え少しの違和感だとしても不調を感じたら行きましょう。事故から時間が経過してからでは、関節の痛みの原因となる部位や原因の特定が複数になることも考えられます。
最も良いのは交通事故後すぐに病院に掛かることです。できるだけ脳外科なども入っている総合病院に掛かりましょう。
事故後の関節の痛みの起こる箇所は多岐に渡ります。中でも、足や腰の関節は放置したことで完治までに長期間を要することもあります。また、場合によってはその症状が後遺症となり、一生のお悩みになってしまうかもしれません。

関節の痛みが、交通事故の衝撃によって生じた身体の歪みに原因がある事もあります。
車はある意味大きな金属の塊とも言えます。そんなに早いスピードでかったとしても、ぶつかった衝撃は非常に大きくなります。自分では気づぬうちに、身体が歪んでしまっていることも少なくありません。
レントゲンやCT、MRIのなどの画像診断からでも歪みがわかる場合もあります。自覚症状がなかったとしても、事故後は受けられるだけ様々な検査を受けましょう。
症状の原因を追究することで適切な治療を受けうことができ、それだけ早く回復が見込めます。

また、症状の完治が難しい場合でも、早期治療により痛みが和らげることは可能です。人によっては、日常生活に支障がないところまで回復できることもあります。事故に遭って怪我がない場合でも、自分は大丈夫だとは思わずに必ず病院へ赴きましょう。
しかし、病院で身体の歪みを整えることは難しく、痛みへの対処として湿布や痛み止めの処方のみになってしまう可能性もあります。

武蔵小金井駅前整骨院では、交通事故の衝撃により生じた身体の歪みを施術により整えていきます。急性期であっても、痛めた筋肉にアプローチできる電気治療器も完備してあります。お一人お一人の症状に合わせた、細やかな治療が可能です。
交通事故による関節の痛みは、武蔵小金井駅前整骨院までぜひ一度ご相談ください。