交通事故治療には電気治療器も効果的です!【武蔵小金井駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

交通事故はいつ起こってしまうかわかりません。自分が気をつけていても相手が勢いよくぶつかってくる場合もあり、誰にでも起こる可能性はあるのです。

交通事故による怪我は、事故の状況に応じて状態が異なります。各々の状態に合わせた治療を行なっていくことになります
交通事故において一番よく起こる怪我がむち打ちです。運転中に後ろから衝突されてしまうと、身体が激しく揺れ、重たい頭部が強い衝撃を受けてしまいます。その結果、頭を支えている首には大きな負担がかかってしまうのです。

むち打ちとは簡単に言えば『首の捻挫』で、診断名がつくとすれば頚椎捻挫と診断されるでしょう。最初は首に違和感を感じて、なんだか首の調子がおかしいなと感じまず。ですが、痛みが長く続くからと病院に行ったら、むち打ちと診断されるケースが多いのです。
ただの首の捻挫だと軽く考えていると、ひどい場合は神経や脊髄を傷つけてしまっていることもあります。少しでも違和感を感じたら、放置せず早めに病院に行くようにしましょう。

交通事故の治療方法はいろいろありますが、電機治療器を使った電気治療を行なうことが多いです。低周波治療では、電気刺激を用いて身体に優しい微弱電流を流します。弱い電気を流して筋肉を収縮させ、神経を興奮・皮膚を刺激し、身体の不調を整えていく効果があります。つまり、血行の促進や、痛みを鎮静化する効果が期待できるのです。
中周波治療では、筋肉の深層部まで電流を流すことができます。ですので、より深いインナーマッスルへアプローチすることができます。
高周波治療は高い周波数を使っており、より身体の深部に刺激が浸透してくれます。そのため、神経や筋肉への治療に非常に効果があるのです。
その他にも、干渉波や微弱電流治療や超音波治療などがあります。

武蔵小金井駅前整骨院では交通事故治療を行っております。手技以外にも電気治療器など、患者さまのお身体に合った施術をご提供いたします。
交通事故の後遺症予防には、症状に合わせた治療をしていくことがとても大切です。交通事故後の治療は、武蔵小金井駅前整骨院までぜひ一度ご相談ください。