交通事故による自律神経の乱れ!むち打ち症が一因かもしれません【武蔵小金井駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

交通事故での衝撃が原因で、身体の歪みや痛み、自律神経の乱れなどを抱えて悩んでいる人は少なくありません。
交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと、自律神経失調症の症状が出ることもあります。
自律神経の乱れは腰痛や肩こりの原因にもなります。病院で検査しても痛みの原因がわからない場合は、自律神経の乱れが原因である可能性があります。

交通事故の症状で多いのがむち打ち症などの首の痛みです。
むち打ち症は、交通事故の衝撃で首がしなり、首周辺の筋肉や靭帯がダメージを受けて起こる症状です。むち打ち症を発症すると、首を動かした場合に痛みが出て動きが制限されてしまいます。また頚椎は7個の骨が連なっており、脊髄の隙間に太い神経が通り腕や肩などの末梢神経に伸びます。交通事故など外側からの大きな力で頚椎に歪みが出ると、神経の通り道が窮屈になり神経根が圧迫されます。そのため首以外にも肩が痛んだり、自律神経が乱れ、頭痛やめまいなどの症状が出る人もいます。
むち打ち症はいくつかのタイプに分類されますが、どのタイプでも初期治療が重要です。その中でも頚椎捻転型は比較的軽い損傷で、頚椎周辺の靭帯や筋肉が一時的に伸びている状態です。このタイプで有れば、自然に正常に戻ります。肩や背中に痛みが数日間残ることはあるものの、後遺症が出たり長期治療が必要になることは殆どありません。
しかし、もっとも多い症状である頚椎捻挫型だった場合、頚椎捻転型とは異なり自然に元に戻りません。このタイプは、レントゲンに出てこない軟部組織が損傷することで起こります。通常であれば8週間から10週間程度で改善しますが、その後しばらくは頭痛や体の違和感が残る人もいます。

むち打ち症の治療法で有名なのが手技による治療です。手技によって筋肉のバランスを整えて神経の圧迫を緩めます。頚椎や全身の歪みを矯正することで徐々に身体が回復していきます。
手技の他に電気治療器を使った治療などもあります。治療していくと一般的に1週間~3ヶ月ほどで回復していきますが、重症ですと治療に半年以上かかることもあります。

武蔵小金井駅前整骨院では手技や電気治療器によりむち打ち症の治療を行っております。武蔵小金井駅からのアクセスも良く、お仕事やお買い物帰りにもお立ち寄りやすい立地となっております。武蔵小金井駅付近で交通事故治療をお探しでしたら、武蔵小金井駅前整骨院までぜひご相談ください。お待ちしております。