交通事故で生じた関節の痛み、原因は身体の歪み?【武蔵小金井駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム


交通事故で起きる関節の痛みの原因は、事故の衝撃による身体の歪みが原因として考えられます。骨折や、脱臼などが見られなかった場合でも、身体の歪みは出来てしまいます。交通事故で関節の痛みを感じた場合には、直ぐに病院に行きましょう。病院では関節の痛みに関する様々な検査や、レントゲン、MRIも撮影してくれます。

レントゲンなどで異常が見られなかった場合、痛みの原因は身体の歪みによる可能性が高まります。治療方法も薬による物ではなく、身体の歪みをとるストレッチやリハビリが中心になる事が殆どです。
交通事故で身体の歪みが起きてしまうと薬だけでは治す事が困難になります。根本的に身体の歪みを矯正する必要が出てきます。

武蔵小金井駅前整骨院では交通事故により生じた身体の歪みを整える施術を行っております。
外傷などの知識を持つ国家資格保持者が在籍しておりますのでご安心ください。矯正を受ける事で、次第に身体の歪みも元に戻り、関節の痛みも和らいで来るはずです。
交通事故に遭ったばかりで、関節の痛みが激しい時には電気治療器や手技などで症状の緩和・改善を図ります。ある程度症状が落ち着いてきても痛みが残る際には、身体の歪みを整え、根本的な原因を取り除きます。その内治るだろうと放置するのではなく、早く矯正を開始しないと治りにくくなる可能性も出てきます。
関節の痛みなので湿布や痛み止めだけで我慢をしていても、身体の歪みが原因の場合には完治が難しいです。ですので、歪みをとる為の治療を行うようにして下さい。自分自身でも歪みをとる為にストレッチを行う、普段から姿勢に気をつける等の努力を行うことも大切になります。どの様な方法が最適な方法になるのかは人それぞれです。お身体について気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。
自分だけで症状の判断をしてしまうと、悪化させてしまう事にも繋がりかねません。また通院日数が減少すると治療効果を半減してしまう事にもなりえます。出来るだけ関節の痛みが激しい時期には通うようにしましょう。関節の痛みが治まってきたら、通院の日数をご相談下さい。

交通事故後の関節の痛みは、武蔵小金井駅前整骨院までぜひ一度ご相談ください。お待ちしております。